渋滞の原因

2006.07.07 Fri

ヤンゴンには南北を走る幹線道路が何本かあり
わたしの自宅はその一つKaba Aye Pagoda Roadに
事務所はもう一つのPyay Roadにあります。
これらを結ぶ東西の道路がユニバーシティアベニューです。
ここを通るルートが最短経路で
所要時間は約10分ととても近いのですが
これにはあるポイントを通過しなければ行けません。

その「あるポイント」とは
みなさんもご存知の世界的に有名な女史の自宅前です。
ここは交通規制が敷かれ
朝6時から夕方6時までしか通行できません。

今朝もいつもように
そこを通って事務所へ行こうとハンドルを切ると
道がバリケードで閉鎖されていたので
迂回を余儀なくされました。

他のドライバーも予期していなかったようで
周辺の道路も混雑していて
明らかな混乱ぶりがみられました。
普段はスムーズに流れる片側三車線の道路には
車がつまって動かなくなっている箇所もありました。

迂回したわたしは、
結局、事務所まで20分以上かかってしまいました。

ここは何かの記念日や事件があるとすぐ閉鎖されます。
女史の誕生日などわかりやすい日は
あらかじめ通れないなと予想できますが
今日はミャンマー人でさえ
なぜこの道路が閉鎖されているのか
わかっていない人が多かったようです。

ミャンマー人でも若い人は知らなかった今日7月7日は
1974年に学生運動があった日だそうです。
よくまあそんな古い話をネタに・・・

ところで、今日のお昼は
アメリカへ移住する同僚の送別会を
人気のあるタイ料理屋でやりました。
ちょうど昼ごはんを食べている最中に
視界数メートルという感じの大雨が降ってきました。

ただでさえ大雨が降ると
ポンコツ車が多いヤンゴンの道路では
エンストを起こした車が至るところで止まり
交通の流れが悪くなってすぐに渋滞します。

きょうの昼間は雨がすごかったのと
例の道路が閉鎖されているので
わたしたちが食事していたレストランの前の道路も
車がギッシリつまってノロノロ状態です。
この道路も南北の幹線道路を結ぶ役割を果たしているからです。

食事が終わり事務所へ戻るとき
混雑を避けようとほかの道路に出ようとしましたが
そちらも車がつまっています。

仕方なく混雑の少ない北へと抜けることにしました。
南(ダウンタウン方面)へ向かう対向車線には
車の列、列、列。
おお、ヤンゴンにはこんなにたくさん車があったんだ
と、思わず感心してしまいました。

ユニバーシティアベニューが閉鎖されると
ヤンゴン中の交通が影響を受けることが
きょう体験してみてよくわかりました。

  1. 2006/07/07(金) 23:05:19|
  2. 日常あれこれ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://birmania.dtiblog.com/tb.php/446-fc46d35e

モンクレール激安通販

国際協力というライフスタイル@ミャンマー 渋滞の原因
  1. 2013/12/22(日) 05:22:41 |
  2. モンクレール激安通販

プロフィール

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約