現場スタッフの不始末

2005.05.23 Mon

信じていたスタッフですが、
総勢400人もの大所帯のなかには
とんでもないのがいることがわかりました。

問題になっているのは
ある地区の二人のスタッフ(男性)です。
「罪状」は
住民がグループで貯めたお金を横領したこと
仕事中に酒を飲んでいたこと
住民の人たちに対して暴言を吐いたこと
それから、するべき仕事をしていなかったこと。

すべてとんでもないことですが
住民のお金を横領していたというのは
わたしにとってはかなり大きなショックでした。

住民からクレームが上がっていたので
この現場事務所で「調査委員会」を設置して
調査を行っていました。
ここで「罪状」が明らかになり
文書としてもまとまったので
UNDP代表に対して
この2人のスタッフの即時契約停止(クビ)をお願いしました。

まったく情けないことですが
こういうこともオープンにして
しっかりと対応することが大切だと思います。
何しろ、わたしたちは
世界各国の納税者の血税によって活動させてもらっています。
責任を持って行動することが求められていることを
ここでスタッフ一同、改めて認識し
今後はこのようなことが決して起きないように徹底します。

今回は2人だけの事件でした。
これが例外的ケースであって
氷山の一角ではないと信じたいです。

↓いつもクリックによる応援をありがとうございます↓
人気blogランキングへ投票する

  1. 2005/05/23(月) 21:02:59|
  2. 所属組織について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://birmania.dtiblog.com/tb.php/174-be549fc1

プロフィール

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約