赴任前ブリーフィング3

2005.03.23 Wed

20050323.jpg

昨日からのブリーフィングは今日で終わりました。これから新しい現場で仕事を始めるにあたっての確認すべき事項は網羅したので、とりあえずはすぐにでも仕事を始められるような体制にはなっています。でも、やりながらいろいろな課題が出てくるわけですから、そのつど対応していくしかありません。これが現場の仕事というものです。

今日はUNDPミャンマー事務所の所長が終わりの挨拶に来てくれました。UNDPの事務所長というと通常その国のUN機関全体の代表者でもあります。私は今までに何度も同じような研修やブリーフィングをスタッフとやってきましたが、所長が来てくれたのはこれが初めてでした。やはり今回のプロジェクト地域拡大は所長にとっても嬉しいことのようでした。何しろ所長が拡大の提案を政府に対して行って、9ヶ月以上かかってやっと承認が下りたわけですから。またスタッフにとっても所長の励ましの言葉は嬉しかったようです。所長は、現場スタッフもUNのスタッフであり、100%のサポートをすると約束してくれました。実はプロジェクトスタッフは短期契約の派遣社員のようなもので正式なUNスタッフではなく、UNDP事務所に常勤する職員たちと比べると雇用条件や福利厚生などで大きな隔たりがあります。何といっても給料の違いは大きいです。もちろんこのような隔たりは所長のせいではなく、UN全体の決まりごとでそうなっているだけです。でも、そのような扱いを受けているスタッフだからこそ、所長からの言葉が余計に心に響いたようでした。

  1. 2005/03/23(水) 20:18:23|
  2. 仕事もろもろ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約