姉妹プロジェクト

2005.03.16 Wed

今日はHIV/AIDSプロジェクトのスタッフと打合せを行いました。HIV/AIDSプロジェクトでは、HIV/AIDSの拡大を防ぐための教育・研修・キャンペーンをコミュニティベースで実施するとともに、感染者のいる家庭での看護を支援する活動を行っています(詳しくはUNDPミャンマー事務所のHPへ)。資金はUNDPが拠出し、UNOPSがプロジェクトの管理・運営を行っています。私が働くCDRTプロジェクトと同じ実施体制で、私たちの姉妹プロジェクトともいえます。

このHIV/AIDSプロジェクトとCDRTプロジェクトが一緒に活動することは今まで少なかったのですが、今回はコミュニティでのエイズ教育で協力することになりました。CDRTが対象とする地域の中では特にカチン州でエイズの問題が深刻になりつつあります。カチン州は天然資源に恵まれたところで、チーク(木材)、翡翠(ヒスイ)、ルビー、金などが有名です。中でも特に翡翠鉱山や金の採取場などで働く作業員の間でエイズが拡大しています。おそらく売春婦を介して感染が拡大しているとみられています。

協力に関する具体的な話はすでに進んでいて、HIV/AIDSプロジェクトが教育・研修のための教材パッケージをつくり、CDRTで支援している女性グループを通じてエイズの予防知識などを広めていこうと考えています。つい最近HIV/AIDSプロジェクトのスタッフがカチン州を訪れて、この教材パッケージを試してきたので、今日の打合せではその報告を受けました。これからは現場での教訓を踏まえてパッケージを改善したあと、パッケージを使って村人に研修を行う研修員を育成します。この研修員となるのはSRGメンバーです。CDRTではすでに保健教育を行っていて各村には保健教育員が一人ずついます。エイズ教育の研修員もこの保健教育員の中から輩出します。とりあえずエイズ研修員の数は15名ですが、この人たちがそれぞれの村で研修を行うとともに周辺の村を訪れてすでにいる保健教育員へのエイズ教育も行います。このようにしてエイズに関する知識が村人たちの間で広まっていくという効果を期待しています。

CDRTプロジェクトで働いていてよかったと思う理由の一つは、計画したことがすぐに実施できるということです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、国際協力やODAなどと呼ばれる支援活動の中には「調査」というのが少なからずあり、調査だけをやって調査結果を実施に移すことがないということがあるのです。しかも調査には莫大な費用がかかっています。そんな費用をかけるのであれば、地元の人を雇って地道な支援ができると思うのですが…。この話は長くなるのでこのへんにしておきます。

  1. 2005/03/16(水) 21:33:54|
  2. オフィスもよう|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム | 安全対策 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約