新たな権力?

2007.01.04 Thu

【2007年2冊目】
グーグル〜既存のビジネスを破壊する
佐々木 俊尚 (著)(文春新書 2006年4月)

アマゾンのBest of 2006「ビジネス書」部門で第10位。
ヤンゴン日本人会が運営する図書館にあったので
借りて読んでみた。

ミャンマーという俗世から離れた世界に住むと
取り残されているという感覚に襲われることがある。
ネットから情報は得られるが、やはり絶対量は不足する。
最近、Web 2.0やら、よくわからない言葉を目にする。
これからどんな世界が拓けていくのか興味深いところだ。

本書では、グーグルという検索エンジンの運営会社が
単なる広告収入だけで大きくなっているのではなく
世界を根底から変えていく可能性があると描かれている。
IT音痴のわたしにはなかなか新鮮であった。

数百メートルごとにアンテナを立て
無線ネット接続を無料で提供することで
誰がどこに住み、どのような興味や嗜好を持っているか
的確につかむことができるようになり
ピンポイントの広告を出せるようになるとか。

「グーグルPC」という百ドルの簡易PCを
発展途上国の子どもたちに1億台配布する計画があるとか。

さらに、どこまで信じてよいのかわからないが
グーグルは将来「巨大な権力」となるともある。
その圧倒的な情報管理能力が悪用されれば
映画「マイノリティーレポート」のような世界が
出現するという可能性は否定できないらしい。

現に、グーグルはその公平性を強調しているが
イギリスなどの軍事施設の衛星画像は見られるものの
米国の基地やホワイトハウスなどの写真は削除されているらしい。
さらに中国版グーグルでは、中国政府が嫌うようなサイトが
検索結果として表示されないように設定されているとか。
すでに政治的に利用されているのである。

明るい面だけではなく、暗い面にも光を当てた
なかなか面白い本であった。

  1. 2007/01/04(木) 13:19:00|
  2. 【本】 その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

死生学

2007.03.07 Wed

【2007年16冊目】
モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム (著) 別宮貞徳(訳)
(NHK出版 1998年9月)

死を間近に控えた人の生き様、死に様、言葉をつづった良書である。

著者は、モリー先生の元教え子。卒業してから15年、音信不通となった恩師の姿を偶然テレビで見かける。そして、恩師が不治の病に侵され、余命が長くないことを知る。

モリー先生は社会学の教授。ダンスが好きで、目をつぶり自分の世界に浸りながらひたすら踊りまくる。病気を知ったとき、モリーは自分にこう問いかけた。「希望をなくして消えていくか、それとも残された時間に最善を尽くすか(p.17)」。そして、「死を人生最後のプロジェクト」にすることに決めた。

15年ぶりにミッチへの授業が再開された。学生のときと同じ毎週火曜日。ただし場所は自宅の病床。テーマは、愛、仕事、社会、家族、老い、許し、死。

モリーの言葉は心に響く。人生に何が大切かを語ってくれる。最後には、モノやカネではなく、人とのつながり。その裏には、モリーが得た若い頃の体験があった。大学院修了後、研究の道に進んだ。ある精神病院で働いた数年間、彼が見たのは、裕福な家庭に生まれ経済的に恵まれた患者たちが、幸福を得られていなかったこと。

「人間は、お互いに愛し合えるかぎり、またその愛し合った気持をおぼえているかぎり、死んでもほんとうに行ってしまうことはない。つくり出した愛はすべてそのまま残っている。思い出はすべてそのまま残っている。死んでも生きつづけるんだ―この世にいる間にふれた人、育てた人すべての心の中に。」(p.176)

「死で人生は終わる、つながりは終わらない。」

この本がよいのは、著者の心の奥の葛藤を、モリー先生が理解しつつも言及せず、つねに自分自身の経験をもって話をするという心の交流かもしれない。モリー先生はミッチのことを本当に理解していて、ミッチが自分の感情を素直に表現できないことも、過去について後ろめたい気持を持っていることもわかっている。言葉に出してこそ言わないが、モリー先生はわかっている。表には現れない微妙な心のつながりを見て取り、そこまで教え子のことを考えてくれる恩師を持った著者が羨ましくなる。

  1. 2007/03/07(水) 22:49:00|
  2. 【本】 その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

現場、経験知

2007.03.20 Tue

【2007年22冊目】
臨床の知とは何か
中村雄二郎 (著)(岩波新書 1992年1月)

  1. 2007/03/20(火) 22:40:00|
  2. 【本】 その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

藤沢周平ワールド入門

2007.03.23 Fri

【2007年24冊目】
蝉しぐれ
藤沢周平 (著)(文春文庫 1991年7月)

  1. 2007/03/23(金) 22:46:00|
  2. 【本】 その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

「効果10倍の技法」第2弾

2007.04.16 Mon

【2007年27冊目】
効果10倍の<学び>の技法
吉田新一郎・岩瀬直樹 (著) (PHP新書 2007年5月)

  1. 2007/04/16(月) 10:55:00|
  2. 【本】 その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約