チーム全体で戦略をつくる

2005.05.22 Sun

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 今日の本
神田昌典著
60分間・企業ダントツ化プロジェクト
ダイヤモンド社

いっけん国際協力とは何の関係もない本のようですが
わたしにとってはたくさんの発見がありました。

本書は
事業を多面的に分析して
売れる仕組みをつくりあげ
ビジネスを成功に導く方法論が書かれています。

多面的とは、
1.商品
2.顧客
3.競合
4.収益シミュレーション
5.タイミング
6.メッセージ
という6つの項目です。
各項目で分析ツールがあり
これをステップごとに分析していくと
ビジネスモデルができるという流れです。

たとえば「商品」の分析ツールの一つとして
顧客のニーズとウォンツという切り口で商品を分析します。
ニーズもウォンツとも「あり」であればいいのですが
「なし」のときにはどうするかというのもミソ。
高めるための方策もサポートしています。

本書を読んで
わたしもビジネスをやってみたい
という気持ちがさらに強くなりました。
この仕事をしていると
毎月決まった給料をもらって生活をしている自分の甘さを痛感します。
農村に住む人たちはまさに企業家。
自分の力で手に入れた作物や現金で生計を立てています。
そういう人の立場を本当の意味で理解するには
自分自身がビジネスの経験をしないと、と思うことはよくあります。

さて、本書で印象に残ったのは
「戦略とは分析するだけでなく、
 それ以上に、創造すること、
 そして実行することが重要である」(p18)
そのための要件として
「戦略構築に必要な抽出するための、
 効果的な質問をすること」
「革新的なアイデアを得るために、
 一時的に混乱状態をつくり出すこと」
「ワクワクしながら自ら進んで実行していくために、
 アイデアに対してオーナーシップを感じられるようにすること」
(以上、p19)

だからこそ、チームみんなで考えることが重要なのです。
たんに与えられた計画やアイデアには愛着、執着はでませんが
自分たちでつくったものであれば
それを実行しようというやる気も出てくる。
このへんは、村落開発でも同じです。

もうひとつは印象に残ったのは
「達人の無意識の決定プロセスを意識化していくことにより、
 誰でも達人になれるスピードがアップする。」(p284)

「ビジネスの達人が勘として片付けてきた思考プロセス」を
明確化し、モデル化し、誰でも真似ることができるようにする。
そんなパターンが本当にあるのか
ちょっと意見の分かれるところかもしれませんが
ある程度のモデル化は可能でしょう。
ただし「ある程度」であって、
成功するかどうかは、各個人の試行錯誤の結果や
力量、運などにかかってくるわけですが。

あくまでも住民が自力で「道」をひらくこと
を基本とする開発ワーカーは多いのですが、
その道筋を見つける方法(ツール)を提案することも大切でしょう。
もちろん、住民はすでに数多くの経験を積み
わたしたちが足元にも及ばないような知識や技術を持っています。
でも、それを実際にどうやって「仕組み」とするかには
ここでいう「ビジネスモデル」のような考えが必要かと思います。

本書のような数多くの詳細な分析は村ではできませんが
単純化して使うことはできるかもしれません。
ミャンマーの村の状況に合わせた単純な分析ツールを組み合わせて
村でも使えるような形にできないか
考えるキッカケを本書は与えてくれました。
もちろんこれから起業を考えている人には
必読の書だと思います。

あすへの活力!
下のボタンをクリックして
↓1票を入れてください↓
ランキングへ投票!
お願いします。

  1. 2005/05/22(日) 22:10:40|
  2. 読書ノート2005-06|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イチロー:孤高の哲学

2005.05.29 Sun

イチロー思考 今日の本

児玉光雄著
『イチロー思考』
東邦出版

マリナーズのイチローに関する本です。
著者はスポーツ心理学が専門の児玉さんです。
この方の本は「ゴルフの藍ちゃん(宮里藍)」が読んだ
ということで売れてるようですね。
児玉さんはイチローに関して3冊の本を書いています。

『イチロー思考』
イチローの発言に対して
著者がコメントをつけるという形で進んでいきます。
見開きの右ページがイチローの発言
左ページが著者のコメントという構成です。
全部で77の発言が載っています。
似たような発言が多いのですが
イチローの一貫した哲学を示しているともいえます。

まず印象に残ったのは
イチローの逆境に対する姿勢です。
わたしが気になった発言をいくつか挙げてみます。

「21打席(18打数)ヒットがなかったんですけど、
 実際はそのうち12打席はヒットにできると感じていましたね。
 わずかなタイミングのズレで、その12打席を打ち損じていたんです。
 ヒットが出ていなくても、自分の感覚は狂っていないので、
 焦ったりすることはなかったです」
 (p.92)

「僕はスランプのときこそ絶好調が現れる。
 すこく感覚を失っているときにしか絶頂はあり得ない」
 (p.78)

「僕の中のスランプの定義というのは
 『感覚をつかんでいないこと』です。
 結果が出ていないことを、僕はスランプとは言わないですから」
 (p.84)

この「感覚」が鍵なのかな?という気がしました。
1打席、1打席、1球、1球に集中して
経験する中で試行錯誤を繰り返し
感覚を研ぎ澄ました結果
いまのイチローがあるのでしょう。

「いま小さなことを多く重ねることが、とんでもないところに行く
 ただ一つの道なんだなというふうに感じていますし」
 (p.12)

「経験でしょうね。いろいろな経験からなにを得るか。
 なにを感じながらプレイするかということだと思います」
 (p.22)

まさに毎日の経験の中でなにを得るか
しっかりと課題を持って
一瞬、一瞬を大切に過ごしているのでしょうね。

また、これらの発言で感じたのは
やはりイチローの一貫した姿勢。
そこには彼の一流の目標に対する考えがあります。

「自分にとって、満足できるための基準は
 少なくとも誰かに勝ったときではない。
 自分が定めたものを達成したときに出てくるものです」
 (p.10)

「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。
 自分が納得した生き方をしたい」
 (p.38)

「どんなに苦しいときでも、あきらめようとする自分はいなかったし、
 あきらめる自分もいなかった。
 そのときのベストをつくそうという自分がいたということ
 それはとても心強いことでした。
 自分がどんな状態であろうと、チームがどんな状況であろうと
 モチベーションが下がることはありませんでしたね」
 (p.72)

イチローはチームが最低の状態にあるときに
大リーグのシーズン最多安打の記録を抜きました。
周りに影響されずに、モチベーションを保つ。
まさに自分の納得を追い求めるプロセスのなかで
前人未到の偉業を成し遂げたのでしょう。

イチロー
「満足は求めることの中にあるんです」(p.120)

さて、この本の目次です。

第1章 イチローの行動パターンに学ぶ
第2章 自らを進化させる法
第3章 仕事と向き合う姿勢
第4章 逆境からの教訓
第5章 目標に挑む真理
第6章 困難へのチャレンジ
第7章 夢を実現する過程
第8章 充実した人生を過ごすために

8章は少し弱いかな、という感じましたが
1章、4章、5章は強烈でした。
素晴らしい本です。
ぜひ何度も繰り返し読んでみてください。

さいごにイチローが6年生の時に書いた作文です。

「ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。
 そのためには、中学、高校で全国大会へ出て、
 活躍しなければなりません。
 活躍できるようになるには、練習が必要です。
 ぼくは、その練習にはじしんがあります。
 ぼくは3歳のときから練習を始めています。
 3歳〜7歳までは半年くらいやっていましたが、
 3年生の時から今までは365日中、360日は
 はげしい練習をやっています。
 だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時〜6時間の間です。
 そんなに、練習をやっているんだから、
 必ずプロ野球選手になれると思います」
 (p.126)

6年生ですごいな、という率直な感想を持ちました。
自分も6年生のときに同じような作文を書いた覚えはありますが
夢を書くだけで、その方法はまったく頭にありませんでしたね。
しかも、本当に信じて書いていたかというと?です。

一方で
イチローには友達はいるのかな?
なんて勝手な心配もしてしまいました。
しょせんは凡人の感覚ですね。
イチローはイチローだからこそ
これだけのことを成し遂げてきたのですから。

*

  1. 2005/05/29(日) 22:19:14|
  2. 読書ノート2005-06|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

庶民へのまなざし

2005.06.05 Sun

庶民の発見 今週の本

宮本常一著
『庶民の発見』
講談社学術文庫

著者は民俗学者の宮本常一氏。
民俗学者といってもただの学者ではありません。
宮本氏は、日本の村という村、島という島を歩きつづけた人です。
歩いた距離は地球4周分に相当する16万キロ。
泊まった民家は千軒を超えたそうです。

宮本氏の「あるく、みる、きく」という
ひたむきでありながら力強く一貫した生き方は
没後24年がたったいまでも多くの人を惹きつけます。
そういうわたしも宮本氏の生き方には多くを学びます。

本書は、日本の長い歴史の中で
貧しさにあえぎながらも
困難を乗り越えてきた庶民の力強い生き方を
様々な角度から描いています。

『庶民の発見』は宮本氏が1955-60年に書いた文章が収録され
7章から構成されています。
一 庶民のねがい
二 貧しき人々
三 変わりゆく村
四 山村に生きる
五 村里の教育
六 民話と伝承者
七 底辺の神々

宮本氏の著書を読むと
そこに描かれている百姓の姿が
わたしが仕事で関わるミャンマーの農村とよく似ていて驚くことがあります。
似ていることから多くの経験や教訓を学ぶこともできますが
それ以上に、農村の開発に関わる者として
肝に銘じたい言葉にもよくぶつかります。

「百姓は農業に生涯をかけている。
 だからまた農業に生涯をかけるような人の言葉でないと、
 本当に耳をかたむけない。」(p.22)

また、宮本氏は自身が百姓であったことから
つねに庶民のひとりであり、
庶民の目線から世界を見つめ、
急速に変わりつつあった日本を見守りつづけた人です。
本書には、その庶民へのまなざしを感じる箇所がたくさんありました。

「農民を頑迷といい封建的というならば、
 自らの理想とするところを農村という場において
 実践するだけの熱情と勇気と責任と持続性を持ってもらいたい
 (中略)
 政治的な改革だけで村が新しく生まれかわるだろうか」(p.21)

「わたしの接した多くの農民は、決して保守的ではなかった。
 (中略)
 しかし前進できないいろいろの枠が自分たちをしばっている。
 しかも生きてゆくためには、それはやむをえないものであった。
 そういう苦悩を静かにきき、
 また、ともに考えてくれる人に接する機会をもたないままに、
 農民の世はうつりかわろうとしている」(p.261)

「もののわかる人というのは自らが人に話す前に、
 まず静かに見、静かにきく人であった。
 天保年間の近江の百姓一揆のリーダーだった庄屋が
 子供に書きのこしたものをみると、
 第一に庄屋だからとて、出しゃばってはいけない。
 第二に人々の言い分をよくきくことだ。
 そしてみんなの言い分をもとにして事をおこなえとある」(p.111)

さいごに、開発の分野で働く人には興味深いデータを紹介してお別れです。

村という共同体を維持するために
「もっとも重要な役割」を果たしたのが「話し合い」だったそうです。
「話し合いは対立しあうことではなく、
 どこで意見の一致点を見いだすかが問題であった」(p.129)
講組などが発達した村での寄り合いの数は多く
1軒の家の者が会合に出て行く回数は、酒盛りも含めて
1年に60-70回を超え
時間にすると300〜400時間にも達するそうです。

寛政年間(1789-1801年)の1日の労働量(男):
田荒起こし 6畝(1畝=約1アール)
苗代こしらえ 1反(=10畝=約10アール)
田植え 2畝
田の草取り 6畝
稲刈り 40束
などなど。

*

  1. 2005/06/05(日) 23:24:58|
  2. 読書ノート2005-06|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

きっと、よくなる!

2005.06.12 Sun

きっと、よくなる! 今週の本

本田健著
『きっと、よくなる!』
サンマーク出版

著者は『ユダヤ人大富豪の教え』などで有名な本田健さんです。
前々から読みたいと思っていましたが、これがはじめての本です。
自分と価値観がよく似ていて、とても共感を持てる内容でした。
もっとも本田さんは、それを着実に実践して
じっさいに成功しているところが、わたしとは違いますが…。

「世の中も個人の人生も、すべてはよくなっています。
 昨日より今日、今日より明日、
 そして十年後には思いもかけない
 よい世界が広がっていることでしょう」
 (p.243)

タイトルにもあるように、本田さんは
なんでも「きっと、よくなる!」
ということを本書ではいいたかったそうです。
家族、友人、仕事、お金、趣味、人生、社会、世界、すべてです。
そして、なんであれ、それはほぼ自分しだい、なんだそうです。

本書の紹介には
わたしなりのテーマを三つ決めました。

第一のテーマは
チョイスとコントロール。
自分の人生は選択することができる。
自分の思う方向へと運ぶことができる。
つまり、運転席でハンドルを握っているのは自分。
成功は自分しだい。

「人は、自分に許したものしか受け取れないのです。
 自分の収入、仕事、パートナーシップ、住んでいる家まで、
 みんな自分にふさわしいと思うものを手に入れています。
 逆にいうと、ふだん想像しているもの以上は手に入らないのです」
 (p.212)

「ある富豪は、成功するためにいちばん大切なことは、
 「多くを望むことだ」といっていました」
 (p.46)

「人生を変えたければ、まず、頭の中を変える必要があります。
 「自分が誰か」というのをセルフイメージといいますが、
 それを自分が理想だと思うものに変えていくのが、
 幸せと豊かさの鍵です」
 (p.92)

「教えてもらったのは、
 「どんなことでも、自ら意図的に選択してやる」ということです。
 そうすると、「自分がすべてを決められる」
 という感覚が身につくようになるというのです」
 (p.165)

二つ目は、テーマというか質問です。
チョイスもコントロールも、できるわけないと思う人が
どうやったら納得して、考えや行動を変えられる気になるのか?

「私は、「人は生まれつき豊かになるようにできている」
 と考えています。
 しかしながら、ほとんどの人がなぜ豊かな暮らしをしていないか、
 わかりますか?」
 (p.185)

ミャンマーの農村であれ、どこであれ
人は誰でも「できる」のです。
生まれながらにしてパーフェクトなのです。
でも現実として、世の中に貧しい人は多くいます。
本田さんはその理由を次のように語ります。

「私を含めて、
 100パーセント理解のある両親のもとで生まれ育った人は、
 ほとんどいないからです。
 どちらかというと、自分の才能を両親や先生に信じてもらえず、
 自分でも捨ててしまったかもしれません。
 小さいころから適切な励ましがなかった人は、
 自尊心が低いままに育ちます。
 だから何かをやろうとしても、
 失敗が恐くて前に一歩を踏み出せないのです」
 (p.185)

わたしも同意見です。
一つだけつけ加えると、
ミャンマーでは、まわりの人だけでなく
努力が報われない社会システムが大きく立ちはだかります。

本書では「自分育て」に主にフォーカスし
まわりの人にどうやって働きかけられるか
という部分はあまり語られていません。
つぎの本では、本を読んだ人がほかの人とともに
豊かで幸せになれる方法のようなもの読んでみたいです。

とはいいつつも、わたしとしてはこの本に書かれている内容を
少しでもプロジェクトのスタッフへと伝え
そして、彼らから村の人たちへと伝わるようにするには
どうすればいいか考えています。
近々おこなう研修のヒントを得られた気がします。

そのためには自分でまず実践してみないと。
そう、三つ目のテーマは「自分でもできること探し」です。
「自己啓発」系の本はただ読んでいても何の効果もありません。
そこに書かれたのことを一つでも実践して、習慣化することで
はじめてその価値があるとわたしは思います。
ですから、自分ができることは何があるか考えてみました。

「五分以内に願いごとのリストをつくれますか?」
 (p.46)

「うれしいことを“幸せノート”につける」
 (p.98)

「これは!とビビッときたら、
 迷わず飛び込んでいくことです」
 (p.193)

「夢を予定に変える」
 (p.178)

「未処理のことを三つやってみよう」  (p.205)

「あきらめなければ、失敗はない」  (p.180)

*

  1. 2005/06/12(日) 23:08:51|
  2. 読書ノート2005-06|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トヨタの強さ

2005.06.19 Sun

トヨタ式最強の経営 今週の本

柴田昌治、金田秀治共著
『トヨタ式最強の経営』
日本経済新聞社

今週の本の著者は
「なぜ会社は変われないのか」で有名な柴田氏と
トヨタグループで生産管理畑を歩み
現在はコンサルタントの金田氏です。

本書は2部9章で構成されています。
第1部はトヨタの事例研究。
第2部では、その事例を一般化し、
応用のための提案をしています。

トヨタ事例のほうは素晴らしい分析でした。
第2部のほうは具体性に欠けるところが少し気がしましたが
内容の多くはどんな組織でも役立つものでしょう。

本書の論点(問いかけ)はその副題どおり
「なぜトヨタは変わり続けるのか」です。
他組織への展開も考えたうえで
わたしなりに要約(一般化)すると
トヨタが変わり続けた理由は、
・企業風土・文化があった
・風土をつくる仕組みがあった
・変革を起こす仕組みがあった
・仕組みをつくる人・動かす人がいた
・価値観を共有し、自分の頭で考える社員がいた
・そうした人たちが仲間で行動を起こした
というふうに理解しました。

どうでしょう?
目に見えるハードな変革手法はありません。

ハーバード大学の調査研究の結果でも
多くの人たちが
「トヨタ生産方式の本質を、
 そこで用いられているツールや手法と取り違えてしまう」
として、トヨタ生産方式の他社での展開の難しさを述べています。

いうまでもなくトヨタ自動車は
世界一といってもいいほどの超優良企業です。
ジャストインタイム、かんばんなど
数々の経営革新手法を生み出し
それは「トヨタ生産方式」と称されます。
そして多くの企業や組織がトヨタ方式を採用しましたが
トヨタに匹敵する成功を収めたところはほとんどありません。
なぜなら、それは表面的な変革であって
その土台となる風土や仕組みがなかったのです。

つまり、トヨタの本当の強さは
表面的なツールや手法ではなく
社員一人ひとりの中に染み付き
先輩から後輩へと引き継がれる
企業風土・文化、価値観、習慣などにあったようです。

そしてこの目に見えない財産を受け継いでいくために
随所にたくさん「仕掛け」があることが本書でわかりました。
つまり、トヨタに入社した人たちには
たくさんの入口が用意してあって、どれから入っても
トヨタの風土や価値観を身につけることになるようです。

いくつか本書から引用します。

トヨタ社員に見られる前向きな姿勢の源
「七つの習慣」とは
?相手の話をよく聞く
?何が問題かを考える
?激励する、提案する
?どうしたら勝てるかの知恵を出す
?お互いに相談する
?事実に基づく
?まずはやってみる
(p.101)

トヨタで仕事の中心になっているのは、
課長、係長クラスだそうです。

「このような管理職のなかに
 経営マインドを持った人間がたくさんいる。
 彼らの特徴は、自分の頭で考える力を持っていることだ。
 しかも、その判断の基軸がぶれることが少ない」
 (p.110)

その「経営マインドをつくっている基軸の中身」
?どうしたら勝てるのかを考えろ
?仕事は自分でつくれ
?仲間で仕事をする
?シナリオをつくる
(p.111)

変革の中核的リーダーになる絶対条件
・仲間をつくる能力
・仲間と相談し合える能力
・まわりの力を生かしていく能力
(p.248)

「へぇー」と印象に残ったのはストーリーを紹介して終わります。

部品メーカーの部長がトヨタを訪れ
そこの部長に質問をします。
「この部門を今後どのような方向にもっていこうとしているのですか」
するとトヨタの部長は
「そんなことを私に聞かれてもわからない」
とあっさり。
「ではだれならわかりますか」
と聞くと、
部長は50人ぐらいの事務所員を見渡して
「あいつがいちばんわかっているかな」
と、30代半ばの若い社員を指差します。
部品メーカーの部長はその若手社員に尋ねます
「この部門の方向性をいちばんわかっているのは
 君だと部長が言っていたけど、
 どうしてまだ若い君がいちばん知っているの?」
この社員は
「では逆にお聞きしますけど、
 どうして部長とか役員にそれがわかると言うんですか。
 わかるはずがない。
 わかるのはわれわれなんです。」
と言ったそうです。
(p.108-109)

トヨタでは職位関係なく
将来のイメージを描ける人が
戦略を立案していくのだそうです。
にわかには信じられませんが
それが本当だとすると
トヨタという会社はかなりスゴイ!

*

  1. 2005/06/19(日) 23:10:30|
  2. 読書ノート2005-06|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約