自分の文章を考える

2005.03.29 Tue

今日は仕事とはぜんぜん関係ない話です。といっても相変わらずまじめな話ですが。いつも妻に言われるのですが、私の文章には面白みがないと。そこまで「きつく」はありませんが、意味することはそんなところです(こんなことを書くと確実に怒られる)。かといって、自分でない自分は出せないのだし、無理をするのも何かなあと思っていました。

別に自分を変えようとか大げさなことを考えているわけではなくて、少し文章の書き方を変えてもいいかなと考えています。きっかけはいろいろありますが、直接は山田ズーニーという人の書いた「おとなの小論文教室」を読んだことです。近々日本へ帰るのでどんな本を買おうかなとアマゾンをブラウズしていたらこの人の本にぶち当たりました。で、そこの紹介文に「ほぼ日刊イトイ新聞に連載中」なんて書いてあったのでのぞいてみたというわけです。

ほぼ日の記事を読んでいると、ああ、こんな書き方もあるんだなあと新鮮な気持ちになります。あたりまえですが確実に自分の文章とは違います。でも私みたいな素人がまねしたら逆に嫌味になるんじゃないかなとも思います。何というのか、あの独特の雰囲気はとうてい真似できませんね。それに自分の中に疑問もあります。例えば多くのメルマガには非常にくだけた表現で書かれていて、なかにはこんなんでいいのか?と真剣に考えてしまうこともあります。でも多くの人はそんな気軽に読めて内容のある文章を求めているのでしょうね。

それはさておき、山田ズーニーさんの「大人の小論文教室」は面白かったです。今まで5年ぐらい毎週掲載されているので240回分ありますが、今日は4つだけ読んでみました。今日読んでみて気づいたことを挙げてみます。


  • 一つひとつの文章が短い。

  • わざと改行して1行を短くしている(下の引用文のように)。

  • 問いかけが多い。

  • 「気持ち」が伝わる。

  • ポジティブな雰囲気を感じる。


文章が短くて、かつ1行に書かれている内容が短くて意味のあるカタマリなのでテンポよく読めます。それに「問いかけ」を多用するのは読者に考えることを促すためで、とてもよいと思いました。彼女が連載で目指すところでもあるようです。それに「気持ち」が伝わってきます。しかもポジティブです。気持ちを表現することは自分の文章で欠けている点かなと思っているので余計に気になりました。

それから、やっぱり目指していることがいいですね。
●来週から週一回ではじまるこのコーナーでめざすのは、
 自分でものを「考える」面白さ、
 「書く」よろこび、
 自分の気持を相手にスポ――ン!と
 「伝える」気持ちよさ
 をあなたと存分に味わうことです。


曲がりなりにも毎日文章を書いてる私にとっては気になるところです。

  1. 2005/03/29(火) 21:45:56|
  2. ブログ・書く・考える|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブログ移行のごあいさつ

2005.05.01 Sun


きょう5月1日をもってブログへ移行します。



いままで「現場ジャーナル」としてHP上に書いてきましたが、

ブログに乗り遅れてるという感じがしていました。

いまさらですが、ブログというメディアは急速に広がっていますね。

その数や恐るべし。



一方で、国連の現場を書いたブログ

というのはあまり見当たりません。

これだけ多くの日本人が国連に勤めているのに…。

私なんか末端の国連ボランティアですが、

少しでも国連の仕事の様子など伝えられればと思っています。

それに末端だからこそ、

現場に近い生の情報も提供できます。



またブログを始めた理由は

たんに「流行に後れる」ということだけではありません。

ブログという新しい場で

より多くの読者の方に楽しんでいただければ、とも期待しています。

ブログの可能性がいまひとつまだわかりませんが、

何事もやってみなければわかりません。

これもまた新しいチャレンジです。

やりながら考えていけばいいこと。



これまで「現場ジャーナル」をご愛顧いただいたみなさんには

これからもこれまで同様に、いやそれ以上に

ミャンマーでの楽しくも葛藤の日々をお伝えしていきます。



おおげさかもしれませんが、

一つの節目を迎えた気がします。

気分一新。

ご意見、ご感想、何でも結構ですのでお寄せください。

またこれからも引き続き

ホームページ「ふしぎの国ミャンマー」

よろしくお願いします。


  1. 2005/05/01(日) 11:01:10|
  2. ブログ・書く・考える|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

改めて、このブログで目指すもの

2005.05.15 Sun

きょうから
「人気blogランキング」
に参加しています!

このランキングに登録するのに
タイトルをどうするか
悩みに、悩みぬきました。

タイトル決めだけで1週間以上はかけました。
わたしの性格がよく出ているようです。
しっかり考えて納得しないと動かない。
さいごはエイヤッなんですけど。

それはさておき、検討したタイトルは50以上!
はじめは、
「国連プロジェクトの現場blog」とか
「ミャンマーではたらく国連ボランティアのblog」とか
安易なものを考えていました。
しかも視野が狭い。

ほかには
無理に心に訴えかけようとしたり
(「貧しいけど、ハッピー!」みたいな)
相手に危機感を抱かせたり、正義感をあおったり
(「対岸の火事ではない現実」なーんて)
注目を集める話題性のある言葉を使ってみたり
(「異文化」とか「ファシリテーター」とか)
このほかにも多数、ゴミ箱の中へ。

いろいろ考えましたが、やっぱり最終的には
このブログで何を目指しているのか?
ということがいちばん大切ということに気づきました。
しかも、無理をせずに、自然体で。

まず思ったのは、
やはりこのブログを
ミャンマーという地域情報の提供だけで終わらせたくない。
それに、
UNDPでの仕事の紹介だけでも終わらせたくない。
ということです。

というのも
国際協力とか、農村開発とかいっても、
その根底に流れている「想い」みたいなものは
けっして特別なものではないんです。
どこでも、いつでも、だれでも
関係のあることだと自分では思っています。
わたしもそういう「想い」を日々大切にしたい。
だから「ライフスタイル」という言葉を入れました。

ミャンマーとか、国際協力とか
というのよりはもう少し大きなものを伝えたい。
「生き方」みたいなもの?

きっと共通点というのはあると思うのです。
日本でも、ミャンマーでも、どこでも
営業職でも、野球選手でも、起業家でも、詩人でも
大切にしないといけないものが。

でも、いまでも
「国際協力というライフスタイル」なんて
ちょっと堅すぎるかなあ、と思っているんです。
いつでも自分は堅いなあ、とも。
大まじめなんでしょう、根が。
ま、奇をてらわず自然に、ということで。

ランキングへの応援、よろしくお願いします。
ここ↓をクリックしていただくと
人気blogランキングへ
ランキングが上がります。
上位に食い込めば、
もっともっと多くの人に
読んでいただけるのではないかと思っています。
そんなこんなを励みに書いています。

  1. 2005/05/15(日) 21:58:00|
  2. ブログ・書く・考える|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブログ上の貴重な出会い

2005.10.14 Fri

ときとして、思いもしないことが起こるものです。
でも、何かが起こるには理由があるとわたしは思うのです。
偶然ではなく、必然だと。

経営コンサルタントの山本真司さんという方がいます。
わたしは知らなかったのですが
調べてみると
ビジネスコンサルティングの最前線で
活躍している人だということがわかりました。
また経営コンサルタントとしてだけではなく
本を何冊も執筆され、その多くがヒットしています。

以前、このブログ上で
ある本について触れたことがありました。
わたしが読んでいるメルマがで紹介されていて
そこでの引用がとても気になったので
そのときの仕事と関連してその引用を紹介しました。
まさに「触発」でした。

その「ある本」とは
山本さんの「20代 仕事筋の鍛え方」でした。

しばらくすると、このわたしのブログ記事
なんと、著者である山本さん本人が拾ってくれました。
本を買って読んだわけでもなく
メルマガでの引用に触れただけなのに
山本さんのブログで、
他のちゃんとした書評と一緒に紹介してくれました。

しかも「メールください」というメッセージが
わたしのブログにコメントして入っていました。

さっそくメールを出しました。
取り上げてもらったことのお礼。
本を読んでいないことのお詫び。
ミャンマーでは本を買うことができないとも書きました。

すぐにメールが返信されてきて
本を送りますと申し出てくださりました。
これにはとても驚いて、恐縮してしまいましたが
ご好意に甘えさせてもらうことにしました。

そのとき、わたしはどうしても山本さんの3部作
「20代 仕事筋の鍛え方」
「30歳からの成長戦略」
「40歳からの仕事術」
をすべて読んでみたかったので
さらに厚かましくも
3冊送ってもらえないかとお願いしました。
いま考えてみると
まったくすごいことをお願いしたもんです。
すいません、山本さん。

とにかくも、山本さんは
そんなわたしの我侭なお願いまで快く聞き入れてくださり
本を発送してくれました。

でも発送後、別の問題が起こりました。
ここはミャンマー。
そう、本が途中で紛失してしまったようで
いつまでたっても、わたしの手元に届きません。
どうしようかと少し悩みましたが
またメールを出してみました。
すると、また快く再送してくださることになりました。

 

そしてきょう
著書3冊が無事に届きました!
本当によかったぁ!

きょうは仕事を終えてから
さっそくそのうちの1冊『20代 仕事筋の鍛え方』を読み始めました。
まだ途中ですが
なぜ山本さんが、こんな見ず知らずのわたしに
本を送ってくださったのかという理由が
少しだけわかった気がしました。

山本さんの足元にも及びませんが
わたしもできるだけ自分の経験を共有して
国際協力や国連の仕事に興味がある人、
これからこの分野を目指す人のお役に立ちたいと思っています。
ですから、ホームページの掲示板でも
できるだけ質問にお答えし、
わたしができることはお手伝いするようにしています。

本当はもっともっといろいろ質問をしてもらいたいのですが
期待していたほど質問はきませんね。
これを読んでいる方で何か訊きたいことがある方は
メールでも掲示板でもブログでも結構ですので
どんどんお尋ねください。

少し話が逸れました。
これは、人の役に立ちたいという想いもあるのですが
自分のためでもあります。
他人を助けることで自分が学び、成長できるのです。

勝手なわたしの思い込みかもしれませんが
こんな想いの共有が、
山本さんとわたしの間のどこかにあったのではないでしょうか。
まったくの思い込み、希望的観測ですが…。

山本さんとは直接お会いしたわけではありませんが
これを機会にお付き合いできれば嬉しいなあ。
ランキングへ投票!

  1. 2005/10/14(金) 23:39:40|
  2. ブログ・書く・考える|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブログのテーマ

2006.02.15 Wed

最近(だけでもありませんが)
ブログのネタに悩むことがよくあります。

なんか自分のブログを見ると
一貫したテーマというものがなくてバラバラ
まとまりがありません。
仕事の話を書いたかと思うと
ミャンマーの文化とか生活とか。

自分でも嫌なのは、
仕事の話を書くと
ついつい愚痴というか、
問題ばかりに意識がいってしまうこと。
あーだ、こーだ、と文句をいう前に
自分自身がスタッフや住民の期待に応えられているのか
それを考えるべきなのはわかっているのですが…。

どうしても「問題解決型」になってしまうのです。
その正反対には
過去の成功体験をふり返り、
よいところを見つけて伸ばそうとするアプローチがあります。
たとえばAppreciative Inquiryなどです。

ただ、わたしたちが「問題解決型」に慣れ親しんでいるせいか
どうしても、まず問題を把握しようとしてしまうんですよね。

最近思うのは
「学び」をテーマにしてみたいなと。
学びや成長はわたしの中で
もっとも大きな価値観といってもいいと思います。
何のために人間は生きているのかと問われれば
「成長するため」とたぶん答えるでしょう。

この「学び」実はとても奥が深いのです。
いつか紹介した吉田新一郎氏の本もそうですが
「学び」をテーマにした本やサイトは無数にあります。
価値観、組織、文化、仕組み、方法・スキルなどなど、
その切り口もさまざま。

「ミャンマーで毎日学びの連続!」
なんてタイトルはどうですかね?

そういえば、このブログのタイトル
「国際協力というライフスタイル@ミャンマー」
を考えたときもかなり悩みましたが
結局テーマの見えにくいブログになっています。

まあ、こんなことを書いても仕方がないんですがねえ。
ブログを書くのにもスランプなんてあるんでしょうか。

  1. 2006/02/15(水) 23:22:13|
  2. ブログ・書く・考える|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約