姉妹プロジェクト

2005.03.16 Wed

今日はHIV/AIDSプロジェクトのスタッフと打合せを行いました。HIV/AIDSプロジェクトでは、HIV/AIDSの拡大を防ぐための教育・研修・キャンペーンをコミュニティベースで実施するとともに、感染者のいる家庭での看護を支援する活動を行っています(詳しくはUNDPミャンマー事務所のHPへ)。資金はUNDPが拠出し、UNOPSがプロジェクトの管理・運営を行っています。私が働くCDRTプロジェクトと同じ実施体制で、私たちの姉妹プロジェクトともいえます。

このHIV/AIDSプロジェクトとCDRTプロジェクトが一緒に活動することは今まで少なかったのですが、今回はコミュニティでのエイズ教育で協力することになりました。CDRTが対象とする地域の中では特にカチン州でエイズの問題が深刻になりつつあります。カチン州は天然資源に恵まれたところで、チーク(木材)、翡翠(ヒスイ)、ルビー、金などが有名です。中でも特に翡翠鉱山や金の採取場などで働く作業員の間でエイズが拡大しています。おそらく売春婦を介して感染が拡大しているとみられています。

協力に関する具体的な話はすでに進んでいて、HIV/AIDSプロジェクトが教育・研修のための教材パッケージをつくり、CDRTで支援している女性グループを通じてエイズの予防知識などを広めていこうと考えています。つい最近HIV/AIDSプロジェクトのスタッフがカチン州を訪れて、この教材パッケージを試してきたので、今日の打合せではその報告を受けました。これからは現場での教訓を踏まえてパッケージを改善したあと、パッケージを使って村人に研修を行う研修員を育成します。この研修員となるのはSRGメンバーです。CDRTではすでに保健教育を行っていて各村には保健教育員が一人ずついます。エイズ教育の研修員もこの保健教育員の中から輩出します。とりあえずエイズ研修員の数は15名ですが、この人たちがそれぞれの村で研修を行うとともに周辺の村を訪れてすでにいる保健教育員へのエイズ教育も行います。このようにしてエイズに関する知識が村人たちの間で広まっていくという効果を期待しています。

CDRTプロジェクトで働いていてよかったと思う理由の一つは、計画したことがすぐに実施できるということです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、国際協力やODAなどと呼ばれる支援活動の中には「調査」というのが少なからずあり、調査だけをやって調査結果を実施に移すことがないということがあるのです。しかも調査には莫大な費用がかかっています。そんな費用をかけるのであれば、地元の人を雇って地道な支援ができると思うのですが…。この話は長くなるのでこのへんにしておきます。

  1. 2005/03/16(水) 21:33:54|
  2. オフィスもよう|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

安全対策

2005.03.17 Thu

イラクで国連事務所が爆破されてからというもの、国連でも職員の安全対策はますます大きな課題となっています。UNDPミャンマー事務所でも安全対策をとり始めています。安全対策専門の職員を雇用したり、避難訓練をしたり、爆発などで窓ガラスが飛び散らないようにする工事などもやっていました。


また全世界の国連職員は各自でBasic Security in the FieldというCD-ROMに入ったセルフラーニングプログラムをやることになっていて、私は今日それをやってみました。内容はとても物騒で、地雷やら襲撃やらハイジャックやら内戦やら暴動やら。ミャンマーはとにかく安全な国なのでとかくこのような感覚が鈍ってしまいますが、改めて国連職員が働く環境というのは過酷なんだなあと他人事のように感じてしまいました。


内容とは関係がないのですが、面白かったのはプログラムの台本を読む人のアクセントです。さすが国連というのか、どこの国の人の英語かわかりませんが、なまりの強い人が台本を読んでいます。それからプログラムの最初のほうに注意事項として、プログラム中の映像、音声、写真などで具合が悪くなるかもしれないので、そのときはUNのドクターに相談するようにとあります。はじめは大袈裟だなあと思っていたのですが、考えてみると、過去にそのような体験のある人にとっては確かに深刻な問題かもしれません。プログラムの中では国連職員が車で移動中に何者かに襲われて発砲され、悲鳴があがるという場面がありました。こんなことがあると確かにトラウマになるでしょう。国連ではありませんが、私の知っている人は中米の某国でライフルで武装した山賊らしきグループに車を止められ、パンツ以外はすべて持っていかれたという事件に巻き込まれました。もっともこの方にとってはたいしたトラウマにはなっていないようでしたが。幸い私はそんなトラウマになるような経験は今までにありません。予約していた便の一つ前の飛行機が離陸後すぐに落ちて乗員乗客全員が亡くなったという間一髪の経験があるぐらいです。


  1. 2005/03/17(木) 21:15:44|
  2. オフィスもよう|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

花の咲く季節

2005.03.18 Fri

コッコの花

UNDP事務所の前にはカンドヂーという湖があり、その周辺をぐるりと囲む道路には薄紫の花をつけた木が並んでします。ミャンマー語ではピィンマというそうです。乾期の間は花どころか緑も少なくなります。でも月曜日のようにまれに雨が降ると、待ってましたとばかりに花が咲きます。写真の花もその雨のあと咲きました。


この時期に咲く花で有名なのはパダウです。これも木に咲く黄色い花です。1年のうちでも4月中旬のティンジャン(ミャンマー正月)の前後にしか咲きません。しかも短い間だけです。日本の桜のような印象を私は受けました。一方で桜とちょっと違うのは、この花が決まった時期にほんの短い間だけ咲くので、純愛の象徴とされているところです。決して裏切らない愛を誓って好きな人にこの花を送るそうです。


  1. 2005/03/18(金) 22:00:07|
  2. 生活・文化|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

赴任前ブリーフィング

2005.03.21 Mon

暑くなってきました。ヤンゴンの昨日の気温は39度。今日は40度を超えたようです。いよいよ1年で一番暑い「暑期」に入りました。


暑さとは関係なく仕事のほうは進みます。今日は新たにプロジェクトの対象地域となったエリアのスタッフたちとの打合せを行いました。今日は各エリアのコーディネーターとタウンシップのコーディネーターを集めての打合せです。新しいタウンシップでは、まったくゼロからの出発ですので、現地での仕事を始めるにあたっていろいろと確認しておく事項があります。


例えば、各タウンシップの中で対象となる村をどのようにして選定するのか。選定後、村での開発計画の策定をどのようにして支援するのか。SRGという女性グループの結成をどのようにして支援するか。開発活動をどのようにして始動させるか。その活動をどのようにして実施・管理していくか。またどのようにして活動のモニタリングや評価を行うか。これらは既存の対象地域ですでにやってきたことばかりですが、過去の教訓や反省を活かして、いろいろと改善すべき課題があります。


私もいくつか改善すべき点を提案しています。一つは今日も提案したモニタリング・評価のシステムの導入です。詳しくは日を改めて「プロジェクト」で紹介したいと思います。今日発表してスタッフの反応は評価してくれた声が半分ほどで、あとはいまいちピンときていないようでした。今日は時間が限られていることもあってパワーポイントで一方的に発表するという形をとったのが悪かったのかもしれません。それとも私の提案したシステムそのものが悪かったのか。とりあえず今日は一晩考えてもらって明日以降にフィードバックをもらって、必要があれば変更などを加えていこうと考えています。評価といっても本部が現地スタッフを評価するという位置づけではなく、現場のスタッフが自らを評価して自分たちの仕事の改善に使ってもらうシステムですので、いずれにしても本部で頭でっかちになって考えていても仕方がありません。フィールドで活用してみて使い勝手によって改善していくしかありません。


  1. 2005/03/21(月) 21:31:05|
  2. 仕事もろもろ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

赴任前ブリーフィング2

2005.03.22 Tue

今日も昨日に引き続き赴任前のブリーフィングでした。昨日は各エリアとタウンシップのマネジャーを対象とした打合せでしたが、今日は彼らの下でより現場に近いところで働くスタッフ(Township Facilitators)も加えて行いました。今日の内容は、今後2ヶ月ほどの活動の全体像を確認したあとで、各タウンシップで最初に行うワークショップ、Participatory Rural Appraisal(PRA)、プロジェクトが行う支援活動の内容確認、そしてコミュニティで支援する組織についてなどが議題でした。対象地域が拡張されて今は6エリアあり、それぞれで仕事を任されたマネジャーが配置されています。本部と現場事務所との間には意見の違いがあったりして、足並みを揃えてプロジェクトを動かしていくことはなかなか難しいと改めて感じました。

  1. 2005/03/22(火) 19:44:58|
  2. 仕事もろもろ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Archives

Links

RSSフィード

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約